FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mugixor.blog24.fc2.com/tb.php/95-79db32a7

-件のトラックバック

-件のコメント

[C80] 綺麗に光が回ってますね

FL-36直射ですか? それともバウンス? あるいはディフューザーでも使っているのですか?

私は、ほとんどがマクロ撮影なので、あまり大きなストロボの必要性は感じないので、小さなストロボをカメラから離すか、ケンコーのディフューザー「影とり」(これはレンズ取り付け型のレフにもなるのではないかと期待しています)を付けて内蔵ストロボを使うことを検討しているのですが、もし直射で、ここまで光が回るなら、FL-36も検討対象になりそうです。

[C81] ありがとうございます

マニュアルでGN設定してのバウンスです。片手にレフ版代わりのお皿持って(^^;

傍から見るとかなり間抜けな格好でしょうね・・。

ディフューザーって廉価な上に重宝しそうですね。レンズにつけるタイプのケンコーのディフューザーが使いやすいのでしょうか?

このストロボディフューザーの類は、製品があることを知らず、今まで自作してました。

昨日もフラッシュに取り付ける小型のレフ板を作ろうと思い、近所の模型店にプラ板を買いに行ったのですが、あいにく希望の厚さがなく、税込み105円のベーゴマを買って帰りました。

それにしても最近のベーゴマは精巧です。

[C82] たしかに

極端な接写をするときは、レンズのすぐ横でソフトに光って欲しいことが多いですよね。でもリングフラッシュは高いし・・。

FL-36もレンズから10cmくらい離れた位置にありますので、直射した場合、なんらかの方法で分散しないと、影が気になる感じです。

[C83] やはり直射じゃないんですね

ご回答、ありがとうございます。
なるほど、お皿でバウンスですか。
手持ち撮影のときは、手が3~4本欲しいですよね。

>ディフューザーって廉価な上に重宝しそうですね。
>レンズにつけるタイプのケンコーのディフューザーが
>使いやすいのでしょうか?
私も使ったことはないのですが、学研カメラムック「デジタル一眼レフ ストロボ100%活用術」(馬場信幸)で、「内蔵ストロボの光をこの大きさで拡散するのでソフトにする効果が大きい」「内蔵ストロボ用だが、このようにクリップオンストロボでも撮影画角によっては使えなくもない」「たたむと直径10センチ、厚さ1センチという非常にコンパクトなものになる。直径5~10センチのレンズフードに装着できる」と紹介してあり、何よりも、3200円と安いので・・・
それと、先ほども書きましたように、レフ板の代わりにもなれば、一石二鳥かと思った次第です。

あぁそうそう、
>昨日もフラッシュに取り付ける小型のレフ板を作ろうと思い、
とのことですが、この本によると、ディフューザーは、発光部から離して取り付ける、大きな面積のものほど効果が大きいとのことで、発光部に白いハンカチを当てたり、白いプラスチックの箱を取り付けたのでは、発光面積が小さいのでほとんど効果はなく、むしろ光をロスするだけだそうです。ご参考になれば・・・

[C84]

>ディフューザーは、発光部から離して取り付ける、大きな面積のものほど効果が大きい

なるほど~。とても参考になりました。レフ板も同様でしょうね。留意して作ります。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ポリアン

polyanthus01.jpg
オリンパスのFL-36を買ったので、試し撮り。フラッシュのことです。

polyanthus02.jpg
ポリアン。より正確にいえばポリアンサ。学名はPolyanthusなので、正しくはポリアンサスです。妙な省略のされ方で流通しています。サクラソウ科プリムラ属。

--
2006/03/18, Olympus E-300
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://mugixor.blog24.fc2.com/tb.php/95-79db32a7

0件のトラックバック

5件のコメント

[C80] 綺麗に光が回ってますね

FL-36直射ですか? それともバウンス? あるいはディフューザーでも使っているのですか?

私は、ほとんどがマクロ撮影なので、あまり大きなストロボの必要性は感じないので、小さなストロボをカメラから離すか、ケンコーのディフューザー「影とり」(これはレンズ取り付け型のレフにもなるのではないかと期待しています)を付けて内蔵ストロボを使うことを検討しているのですが、もし直射で、ここまで光が回るなら、FL-36も検討対象になりそうです。

[C81] ありがとうございます

マニュアルでGN設定してのバウンスです。片手にレフ版代わりのお皿持って(^^;

傍から見るとかなり間抜けな格好でしょうね・・。

ディフューザーって廉価な上に重宝しそうですね。レンズにつけるタイプのケンコーのディフューザーが使いやすいのでしょうか?

このストロボディフューザーの類は、製品があることを知らず、今まで自作してました。

昨日もフラッシュに取り付ける小型のレフ板を作ろうと思い、近所の模型店にプラ板を買いに行ったのですが、あいにく希望の厚さがなく、税込み105円のベーゴマを買って帰りました。

それにしても最近のベーゴマは精巧です。

[C82] たしかに

極端な接写をするときは、レンズのすぐ横でソフトに光って欲しいことが多いですよね。でもリングフラッシュは高いし・・。

FL-36もレンズから10cmくらい離れた位置にありますので、直射した場合、なんらかの方法で分散しないと、影が気になる感じです。

[C83] やはり直射じゃないんですね

ご回答、ありがとうございます。
なるほど、お皿でバウンスですか。
手持ち撮影のときは、手が3~4本欲しいですよね。

>ディフューザーって廉価な上に重宝しそうですね。
>レンズにつけるタイプのケンコーのディフューザーが
>使いやすいのでしょうか?
私も使ったことはないのですが、学研カメラムック「デジタル一眼レフ ストロボ100%活用術」(馬場信幸)で、「内蔵ストロボの光をこの大きさで拡散するのでソフトにする効果が大きい」「内蔵ストロボ用だが、このようにクリップオンストロボでも撮影画角によっては使えなくもない」「たたむと直径10センチ、厚さ1センチという非常にコンパクトなものになる。直径5~10センチのレンズフードに装着できる」と紹介してあり、何よりも、3200円と安いので・・・
それと、先ほども書きましたように、レフ板の代わりにもなれば、一石二鳥かと思った次第です。

あぁそうそう、
>昨日もフラッシュに取り付ける小型のレフ板を作ろうと思い、
とのことですが、この本によると、ディフューザーは、発光部から離して取り付ける、大きな面積のものほど効果が大きいとのことで、発光部に白いハンカチを当てたり、白いプラスチックの箱を取り付けたのでは、発光面積が小さいのでほとんど効果はなく、むしろ光をロスするだけだそうです。ご参考になれば・・・

[C84]

>ディフューザーは、発光部から離して取り付ける、大きな面積のものほど効果が大きい

なるほど~。とても参考になりました。レフ板も同様でしょうね。留意して作ります。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

mugixor

Author:mugixor
ココログのmugixor@blog別館


Yesterday:  Today:
XREA (duplicate cnt): since 10-Sep-2005


FC2 (unique cnt): since 10-Apr-2006

ブログ内検索

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。